ファッション

追記:「レディメイド」の細川雄太の新ブランド「セント マイケル」が「ショット」とコラボ

【追記10月29日】「セント マイケル」と「ショット」のコラボ”ワンスター”の発売日が10月31日に決まった。「セント マイケル」の取り扱い店で販売する。

 「レディメイド(READYMADE)」の細川雄太デザイナーとアーティストのカリ・ソーンヒル・デウィット(Cali Thornhill DeWitt)が共同で手掛ける新ブランド「セント マイケル(SAINT MICHAEL)」は「ショット(SCHOTT)」とコラボしたレザージャケットを発売する。価格は19万円で、2020年末に発売予定。

 「ショット」のモーターサイクルレザージャケットの名作“ワンスター”を、細川デザイナー自身がパターン(型紙)からリデザインした。丈夫で柔らかなカウハイドからバックルやジッパーに至るまで、経年変化が与えるダメージを細かく施し、ビンテージレザージャケットの風合いをリアルに再現している。背面には、デウィットがデザインしたタイポグラフィをプリントした。

 「セント マイケル」は2020-21年秋冬シーズンから国内外での本格展開をスタートする。ブランド名の由来は、ブランドのテーマである“大天使ミカエル”とデウィットの本名であるマイケル(Michael)から。一点一点、手作業でビンテージ加工を施すスタイルで、フーディー(5万円前後)とスエットプルオーバー(3万円台)、Tシャツ(2万円前後)が中心。ファーストコレクションは20型前後を展開する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら