ファッション

追記:「レディメイド」の細川雄太の新ブランド「セント マイケル」が「ショット」とコラボ

【追記10月29日】「セント マイケル」と「ショット」のコラボ”ワンスター”の発売日が10月31日に決まった。「セント マイケル」の取り扱い店で販売する。

 「レディメイド(READYMADE)」の細川雄太デザイナーとアーティストのカリ・ソーンヒル・デウィット(Cali Thornhill DeWitt)が共同で手掛ける新ブランド「セント マイケル(SAINT MICHAEL)」は「ショット(SCHOTT)」とコラボしたレザージャケットを発売する。価格は19万円で、2020年末に発売予定。

 「ショット」のモーターサイクルレザージャケットの名作“ワンスター”を、細川デザイナー自身がパターン(型紙)からリデザインした。丈夫で柔らかなカウハイドからバックルやジッパーに至るまで、経年変化が与えるダメージを細かく施し、ビンテージレザージャケットの風合いをリアルに再現している。背面には、デウィットがデザインしたタイポグラフィをプリントした。

 「セント マイケル」は2020-21年秋冬シーズンから国内外での本格展開をスタートする。ブランド名の由来は、ブランドのテーマである“大天使ミカエル”とデウィットの本名であるマイケル(Michael)から。一点一点、手作業でビンテージ加工を施すスタイルで、フーディー(5万円前後)とスエットプルオーバー(3万円台)、Tシャツ(2万円前後)が中心。ファーストコレクションは20型前後を展開する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら