ファッション

追記:「レディメイド」の細川雄太の新ブランド「セント マイケル」が「ショット」とコラボ

【追記10月29日】「セント マイケル」と「ショット」のコラボ”ワンスター”の発売日が10月31日に決まった。「セント マイケル」の取り扱い店で販売する。

 「レディメイド(READYMADE)」の細川雄太デザイナーとアーティストのカリ・ソーンヒル・デウィット(Cali Thornhill DeWitt)が共同で手掛ける新ブランド「セント マイケル(SAINT MICHAEL)」は「ショット(SCHOTT)」とコラボしたレザージャケットを発売する。価格は19万円で、2020年末に発売予定。

 「ショット」のモーターサイクルレザージャケットの名作“ワンスター”を、細川デザイナー自身がパターン(型紙)からリデザインした。丈夫で柔らかなカウハイドからバックルやジッパーに至るまで、経年変化が与えるダメージを細かく施し、ビンテージレザージャケットの風合いをリアルに再現している。背面には、デウィットがデザインしたタイポグラフィをプリントした。

 「セント マイケル」は2020-21年秋冬シーズンから国内外での本格展開をスタートする。ブランド名の由来は、ブランドのテーマである“大天使ミカエル”とデウィットの本名であるマイケル(Michael)から。一点一点、手作業でビンテージ加工を施すスタイルで、フーディー(5万円前後)とスエットプルオーバー(3万円台)、Tシャツ(2万円前後)が中心。ファーストコレクションは20型前後を展開する。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら