ビジネス

東レ・繊維の20年4~6月の営業利益は50%減 各国のロックダウンや店舗の閉鎖が打撃

 東レの2020年4~6月の繊維事業は、売上高が前年同期比25.9%減の1450億円、営業利益は同50.3%減の72億円の大幅な減収減益だった。

 国内外ともに新型コロナウイルスによる生産活動・消費行動停滞の影響を受け、衣料用途においては各国でのロックダウンや販売店舗の閉鎖から需要が減退した。医療用白衣地やマスク用途での不織布需要の増加はあったものの、全体の減少をカバーするにはいたらなかった。海外子会社の中で主力の中国の売上高は前年同期比105億円減の401億円、営業利益は同7億円減の49億円で大きな影響を受けた。

 21年3月期の通期は下方修正し、売上高は期初の見通しを400億円下回る6850億円、営業利益は同50億円下回る320億円を見込んでいる。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら