ビジネス

東レ・繊維の20年4~6月の営業利益は50%減 各国のロックダウンや店舗の閉鎖が打撃

 東レの2020年4~6月の繊維事業は、売上高が前年同期比25.9%減の1450億円、営業利益は同50.3%減の72億円の大幅な減収減益だった。

 国内外ともに新型コロナウイルスによる生産活動・消費行動停滞の影響を受け、衣料用途においては各国でのロックダウンや販売店舗の閉鎖から需要が減退した。医療用白衣地やマスク用途での不織布需要の増加はあったものの、全体の減少をカバーするにはいたらなかった。海外子会社の中で主力の中国の売上高は前年同期比105億円減の401億円、営業利益は同7億円減の49億円で大きな影響を受けた。

 21年3月期の通期は下方修正し、売上高は期初の見通しを400億円下回る6850億円、営業利益は同50億円下回る320億円を見込んでいる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら