ビジネス

東レ・繊維は4期ぶりの減収減益 暖冬・米中貿易摩擦・コロナの3重苦 20年3月期

 東レの2020年3月期の繊維事業は、売上高が4期ぶりに減収となる前期比9.4%減の8831億円、営業利益は同16.7%減の607億円になった。2年連続の暖冬と米中の貿易摩擦の影響で19年3月期の後半から失速。期初には売上高1兆円を計画していたものの、結果は全四半期で減収を強いられた。東レの阿部晃一副社長は「今年上期で新型コロナの感染拡大はピークアウトし、9月以降から世界経済は回復基調をたどる」との見通しを明らかにする一方で、「衣料品の回復は遅れる」との認識を示しており、21年3月期の繊維事業は売上高が前期比13.2%減の7250億円、事業利益は同37.2%減の370億円の計画になる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら