ファッション

新常態をどう戦う?百貨店の試行錯誤

有料会員限定記事

 新型コロナウイルスは百貨店のビジネスモデルを根底から揺さぶった。リアル店舗での集客を前提にしてきた百貨店にとって店舗の休業は致命傷となった。営業再開後も、“新常態(ニューノーマル)“といわれる消費者心理や購買動向の激変が待ち受ける。百貨店は今、存亡の岐路に立っている。(7月20日号の「WWDジャパン」の「百貨店vsコロナ 起死回生の策」特集で掲載した記事から抜粋しています)

この続きを読むには…
残り3554⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら