ファッション

新常態をどう戦う?百貨店の試行錯誤

有料会員限定記事

 新型コロナウイルスは百貨店のビジネスモデルを根底から揺さぶった。リアル店舗での集客を前提にしてきた百貨店にとって店舗の休業は致命傷となった。営業再開後も、“新常態(ニューノーマル)“といわれる消費者心理や購買動向の激変が待ち受ける。百貨店は今、存亡の岐路に立っている。(7月20日号の「WWDジャパン」の「百貨店vsコロナ 起死回生の策」特集で掲載した記事から抜粋しています)

この続きを読むには…
残り3554⽂字, 画像6枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら