ニュース

西武池袋本店、休日の営業再開で館内にぎわう

 西武池袋本店は23日、全館営業を再開した。営業再開は首都圏における緊急事態宣言の発効(4月7日)以来46日ぶり。この間営業を継続していた食料品フロアに加えて、“生活必需品”の範疇として衣料品、生活雑貨などのフロアを開放した。開店時間の午前10時になると、駅に直結した地下1階の入り口に長い列を作った客たちは従業員の誘導のもと検温、手指の消毒を済ませて入店した。

 売り場は美術、呉服、宝飾や化粧品、および一部取引先の店を除いて全館の7割が再開した。また、先に玉川、日本橋などで再開した高島屋では休業を続けていた婦人・紳士の特選衣料やハンドバッグも売り場のほとんどが再開。「エルメス(HERMES)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「グッチ(GUCCI)」「ロエベ(LOEWE)」「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」などラグジュアリーブランドが店を開けた。

 館内は週末ということもあり、2階婦人雑貨や7階インテリアなど比較的にぎわっていた。東京都北区の50代女性は「西武(池袋本店)は勤め先から徒歩圏内なので、今日はハンドタオルを買いに来た。子どものランドセルから毎日の食品の買い物まで、20年来お世話になってきた店。ネット通販には抵抗があり、早く化粧品売り場も再開してくれるとうれしい」と話した。

 都内でも屈指のトラフィックがある池袋駅直結の店舗であることから、感染防止のための水際対策には力を入れる。全44カ所ある館の入り口のうち半分は閉め、出入りの多い13カ所で検温を実施する。売り場ではレジに飛沫感染防止シートを設置し、従業員は接客を最小限にとどめ、その旨を明記したバッジを胸につける。マスクや手袋、売り場によってはフェイスガードを装着。スーツやシャツの採寸には使い捨ての紙製メジャーを用いる。靴売り場では試し履きした後の商品を消毒するなど対策を徹底する。1日で約3000人にのぼる従業員は出勤前の検温を義務付け、平熱より高い場合は欠勤させる。勤務や退勤の時間をズラすことで、バックヤードの混雑を緩和する。

 久保田俊樹・西武池袋本店長は、「(休業中も営業していた)食品売り場以外の再開を要望するお声が増えて、お客さまと従業員の安全が担保できたことから再開を決めた。売り場一人一人の人間が、(休業していた)約1カ月半のうちに考え抜いた安心・安全な接客を実践した上で営業していく」と話す。

 同店以外の都内の百貨店では、5月23日時点で高島屋が玉川高島屋S・C、日本橋高島屋S.C.などの全館営業をすでに再開しているほか、松屋が6月1日に銀座本店の再開を発表している。