ファッション

サマンサタバサ創業者の寺田和正が語る 「日本発世界ブランド」の夢を本気で実現

有料会員限定記事

 紳士服専門店のコナカは、4期連続で最終赤字に沈むサマンサタバサジャパンリミテッド(以下、サマンサタバサ)の再建に本腰を入れる。7月1日付で持分法適用関連会社であるサマンサタバサと、服飾雑貨を販売する連結子会社のフィットハウス(岐阜県可児市、吉田直人社長)を合併する。これにより、フィットハウスは解散し、コナカはサマンサタバサを連結子会社にする。サマンサタバサの大株主・持ち株比率は、コナカが59.09%となり、サマンサタバサ創業者の寺田和正氏が16.78%となる。(この記事はWWDジャパン2020年5月11日号からの抜粋です)

 コナカは、サマンサタバサを連結子会社化することで連携を強化して国内事業の立て直しを急ぐ。また、東海地区で海外ブランドの服飾雑貨を販売するフィットハウスは今後サマンサタバサの一事業部となり、SPA(製造小売り)として自社商品の開発・販売へとビジネスモデルを転換する。両社の売上高はサマンサタバサが235億円(2020年2月期)、フィットハウスが148億円で、単純合算すると383億円規模になる。

 コナカの湖中謙介社長はウィメンズ市場進出に野心を燃やし、19年4月に寺田氏が保有していたサマンサタバサの62.6%の株式の半分である31.3%を取得。同年9月に湖中社長個人が所有する株式をコナカとして調達し、サマンサタバサを持分法適用関連会社化した。その後、12月にはサマンサタバサの社長に、コナカの専務取締役COO(最高執行責任者)である門田剛氏が就任し、コナカから門田氏、湖中社長を含めた4人が取締役に就いた。

この続きを読むには…
残り1180⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら