ファッション

「バーバリー」が「アースデー」に合わせ“ReBURBERRY Edit”コレクション発売 リサイクルナイロンなどを用いた全21ルック

 「バーバリー(BURBERRY)」は「アースデー(Earth Day)」の4月22日、2020年春夏コレクションの一部として再生素材などを活用した“ReBURBERRY Edit”コレクションを公式ECサイトで発売した。

 21ルックからなる同コレクションでは、使⽤済みの漁網やファブリックの端切れ、⼯業⽤プラスチックなどを再⽣したリサイクルナイロンを使⽤したトレンチコートやパーカ、ケープやアクセサリー、バイオアセテートを使用したアイウエアなどをそろえる。そのほかのアウターには、ヒマシ油などの再⽣可能資源を使⽤したナイロンや、プラスチックボトルを原料とするポリエステルを⽤いた。このうち5ルックは公式サイト限定で発売する。

 キーアイテムに付属しているピスタチオ色のラベルには、商品に対する厳しい環境基準や、オーガニック素材およびリサイクル可能な天然素材の含有量、製造における炭素排出量、製造者に対する賃金や支援について記載されている。

 パム・バティ(Pam Batty)=コーポレート・レスポンシビリティー部門 バイス・プレジデントは、「今回新たに取り⼊れたラベルを通して、バーバリーの取り組みやコーポレート・レスポンシビリティーの課題に対する考えをお客さまにより深くご理解いただきたいと思っている。商品を⽣産する全ての⼯程においてポジティブな変化をもたらすことが、われわれの業界がサステナブルな未来を築いていくために⾮常に重要であると信じている」と述べた。

 なお日本国内店舗での取り扱いも予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受けて、国内店舗は5月6日まで臨時休業している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら