ファッション

販売員のリモートワークはどう取り組む? アプリのバーチャル接客を推進する「サマンサタバサ」編

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受けて、百貨店やファッションビルをはじめとする店舗が臨時休業中だ。店頭に立てず勤務ができない販売員は「突然、1カ月の休みがてきてしまった」と嘆いている。オフィス勤務社員のリモートワークでさえも難しい状況だが、販売員への仕事を創出している企業もあった。その事例を紹介する。(この記事はWWDジャパン2020年4月20日号からの抜粋に加筆しています)

サマンサタバサ

 営業を停止している「サマンサタバサ(SAMANTHA THAVASA)」店舗の販売スタッフは休業中だが、一部のスタッフは在宅で公式アプリを活用し、顧客に向けて商品提案を行っている。試着などができない不安を着用画像を送り解消しているほか、スタッフ1人1人に配布されているクーポンコードで割引の案内もしている。ブランド広報は「ショップスタッフのEC売り上げ貢献の可視化しリアルタイムで共有することで、スタッフのモチベーションになっている。一方で、“顔を見てお話ししたい”という顧客も多く、メッセージのやりとりだけではなく、ビデオ会議ツールなどを使用した接客などへもチャレンジしたいと感じた」とコメントしている。

販売員の声
“接客をすることでモチベーションをキープ”

 「少しでも接客をすることで社会人としてのモチベーションをキープできている。本当に些細なことだが、こんなときだからこそ自分たちにできることを。店舗が再開できたときにはお客さまに安心して戻ってきていただけるよう、私たちも準備していきたい」(「サマンサタバサ」ショップスタッフ)

 「店頭に何度かネックレスを見に来てくださっていた方に、アプリを通して再度商品のご案内した。ECでの購入は迷っていたが、シークレットクーポンをお伝えすると特別感を感じてくださり、購入につながった。アプリを通して、着用画像などをお送りすることで、着用イメージをふくらましていただき、実際に試着できない不安解消を行えました」(「サマンサティアラ」ショップスタッフ)


 「WWD JAPAN.com」はファッション&ビューティ業界を応援すべく、週刊紙の「WWDジャパン」と「WWDビューティ」に掲載した新型コロナウイルス関連ニュースを無料開放します。記事やコラムから未曾有のピンチを克服するヒントや勇気を感じ取ってくだされば幸いです。

 なお、他のニュースはこれまで通り、有料会員限定記事とさせていただきます。購読は、こちらからお申し込みください。


最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら