ファッション

D2Cパーソナライズアロマのコードミー マスク専用スプレーを発売

 アロマ香料を製造・販売するコードミーは、脳波による感性把握技術を活用した「マスク専用 プレミアムアロマスプレー」を発売した。8mL(約300プッシュ分)1545円、自社ECサイトで販売する。花粉症などで長時間マスクを着用する際に感じる匂いや不快感に着目したもので、抗菌、消臭対策として提案する。

 マスク専用スプレーは約4カ月をかけて開発。原料には天然の国産精油を100%使用し、ユズ、ベルガモット、スイートオレンジ、ペパーミント、ユーカリを合わせてマスク用途に適した香りを作った。吸入するものではなく、マスクの外側にスプレー後、乾かしてからの着用を勧める。実証実験では20~40代の男女10人の脳波を測定したところ、「快適度」「ストレス低減度」の項目で平均して10%以上の改善が見られた。

 同社はIT技術を駆使して香りと脳波の相関性の研究に取り組み、快適性やストレス軽減、クリエイティブ、集中、リラックス、コミュニケーション活性などの目的別に、コンディションを香りの力で最大化するソリューションを提案している。AI解析により個々人に最適なアロマミストをサブスクリプションで提供する、ビジネスパーソンをターゲットとしたパーソナライズサービスや、企業向けにマーケティングやブランディングのための空間演出や商品開発を行う。コーポレートフレグランス事業では、デベロッパーのほか鉄道、メーカー、商業施設、学校、エンタメ企業、IT企業まで幅広い企業への導入実績を持つ。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら