ビューティ

資生堂の美容部員も新型コロナ感染 富山市のSC「ファボーレ」勤務

 資生堂は、富山県富山市にある商業施設「ファボーレ」の化粧品販売店「Kコスメ・ボーテ」に勤務する40代の美容部員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同部員は3月30日まで勤務していたが、同日夜に咳や発熱の症状が現れ、31日も発熱が続いたため医療機関を受診。風邪と診断され自宅療養していたが回復が見られないため、4月2日に保健所へ連絡し、別の医療機関を受診して自宅で療養していた。その後、別の医療機関を受診して肺炎と診断され、9日にPCR検査を受けて11日に陽性と判明した。濃厚接触者は確認中で、「ファボーレ」は消毒のため12日は休業した。

 資生堂では、緊急事態宣言を受け、対象の7都府県で働いている美容部員約6000人を5月6日まで在宅勤務にしている。富山県は発令されていない。現在も対象外地域の店舗への派遣は行なっているが、独自で緊急事態宣言を発令している地域については、得意先と相談しながら在宅勤務にするかを対応していくという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら