ビジネス

JFW主催の5月開催のテキスタイル見本市が中止

 日本ファッション・ウィーク(JFW)推進機構は6日、5月13~14日に開催を予定していた2021年春夏向けのテキスタイル見本市「プレミアムテキスタイルジャパン(PREMIUM TEXTILE JAPAN, PTJ)」を中止すると発表した。

 同機構の三宅正彦理事長は「開催に向けては消毒液の設置、サーモグラフィの設置、看護師の常駐、救護室(会場常設)の利用、搬出入口の開放による換気などの対策を講じながら開催を目指していたが、感染状況は一向に改善せず、絶対に避けるべき3密(密閉空間、密集場所、密接対面)を回避することは不可能との判断に至った」とコメントを発表した。

 JFW推進機構は秋に開催される「インターテキスタイル(INTERTEXTILE)上海」の「ジャパン・パビリオン」、7月から9月開催に延期された「ミラノ・ウニカ(MILANO UNICA)」の「ジャパン・オブザーバリー」、そして11月開催の20-21年秋冬向けのPTJの開催に向けて準備を進めていくという。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら