ファッション

「アディダス」とイセタンメンズが共同開発した“ICON SUIT”から新作登場 ビジュアルには羽根田卓也選手

 アディダス ジャパンはイセタンメンズと共同開発したスーツコレクション“ICON SUIT”2020年春夏コレクションを4月22日に発売する。8シーズン目を迎えた今回がファイナルコレクションとなる。4月1日午前11時からは、「アディダス(ADIDAS)」公式オンラインショップ、三越伊勢丹オンラインショップでの先行予約受け付けを開始する。ビジュアルには、「アディダス」契約アスリートでカヌー・スラローム男子カナディアンシングル代表の羽根田卓也選手を起用した。

 同コレクションは、“あらゆるシーンでも快適な移動をサポートするスーツ”をコンセプトに16年に誕生。ビジネスシーンに活躍する細身のシルエットながら、汗を素早く吸収して発散する独自機能で移動の多い出張時やタウンユースにも対応する。ストレッチシアサッカー素材を用いることで畳んでもシワが気にならず、付属のバッグに入れて持ち運びができる仕様になっている。ジャケット(2万9000円)にはロゴを、パンツ(1万6000円)にはアイコニックな3ストライプを施した。

 公式オンラインショップに加え、アディダス ブランド コア ストアや伊勢丹各店、イセタン メンズスタイル ジェイアール京都伊勢丹などで取り扱う。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら