ビジネス

ルミネが3月分の最低保証家賃を減額へ 2011年の東日本大震災以来 新型コロナに苦しむテナントに配慮

 ファッションビル大手のルミネは新型コロナウイルスの感染拡大で、3月分のテナントの最低保証賃料を半額に減少させる。すでにテナントにも通達した。ファッションビルは通常、売り上げに応じた金額(=歩合)を家賃として徴収しているが、同時に売り上げの最下限を決めて最低保証の賃料を算出している。ルミネは切り下げの理由を3月の営業時間短縮やカード会員向けの10%割引キャンペーン中止などを挙げているが、新型コロナの影響で売り上げの低迷に苦しむファッションブランドなどのテナントに配慮した模様だ。ルミネが最低保証賃料を切り下げるのは2011年3月の東日本大震災以来。大手のルミネが踏み切ったことで、他のファッションビルにも広がる可能性がある。

 対象になるのは、最低保証の売り上げの半分に満たないテナント。4月分以降の賃料については未定という。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら