ビューティ

年末恒例コフレは未だ右肩上がり ブランドがバズ起こし、消費者がコミュニティーで比較検討

有料会員限定記事

 毎年、年末に発売されるコフレは、普段使わないような色や質感、さらにはお得感まで、コスメ好きだけでなく多くの女性が気になる“イベント”だろう。今回、「ポール&ジョー ボーテ、以下ポール&ジョー」「スック」「フローラノーティス ジルスチュアート」「NARS」「ボビイ ブラウン」のコフレの売れ行き動向を調査。「ポール&ジョー」が前年比約44%増、「スック」が同約20%増、「フローラノーティス ジルスチュアート」が同約180%増、「NARS」が同約25%増、「ボビイ ブラウン」が同約55%増と、5ブランド共に好調に推移した。未だ衰えを知らないコフレ人気は何が起因しているのか。(この記事はWWDビューティ2020年2月13日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り931⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら