ビューティ

年末恒例コフレは未だ右肩上がり ブランドがバズ起こし、消費者がコミュニティーで比較検討

有料会員限定記事

 毎年、年末に発売されるコフレは、普段使わないような色や質感、さらにはお得感まで、コスメ好きだけでなく多くの女性が気になる“イベント”だろう。今回、「ポール&ジョー ボーテ、以下ポール&ジョー」「スック」「フローラノーティス ジルスチュアート」「NARS」「ボビイ ブラウン」のコフレの売れ行き動向を調査。「ポール&ジョー」が前年比約44%増、「スック」が同約20%増、「フローラノーティス ジルスチュアート」が同約180%増、「NARS」が同約25%増、「ボビイ ブラウン」が同約55%増と、5ブランド共に好調に推移した。未だ衰えを知らないコフレ人気は何が起因しているのか。(この記事はWWDビューティ2020年2月13日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り931⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら