ファッション

「アーカー」がシンガポールに初出店 グローバル化を加速

 TASAKI傘下の「アーカー(AHKAH)」は1月10日、シンガポールのニーアンシティ タカシマヤ(NGEE ANN CITY TAKASHIMAYA)SC内に初のブティックをオープンした。シンガポール随一の繁華街であるオーチャード・ロードに面する同SCは130以上の専門店があり、ファッション感度の高い消費者や世界各国から観光客が訪れる。地下1階のブティックはブランドカラーのホワイトとゴールドを基調としたラグジュアリーな空間で、「アーカー」のデザイン性の高いファッションジュエリーからラグジュアリーコレクションまで幅広いラインアップで販売する。

 「アーカー」は海外では台湾・台北で2店舗、中国の北京で2店舗、上海で3店舗を運営するほか、フランス・パリの百貨店であるボンマルシェ(BON MARCHE)でコーナー展開をしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら