ファッション

「アーカー」が上海に1号店 北京、台湾に続きアジア圏での出店を加速

 ジュエリーブランド「アーカー(AHKAH)」が4月3日、上海地区初となるブティックを上海静安ケリーセンター(以下、ケリーセンター)内にオープンした。ケリーセンターはファッション感度の高い女性が集まる注目のエリアにあり、ショッピングモールやホテル、住居、オフィスが入る大型複合ビルだ。「アーカー」のブティックは地下鉄の静安駅と直結する北区地下1階で、ブランドカラーのホワイトとゴールドを基調にした店舗になっており、アイコニックな繊細でデザイン性の高いファッションジュエリーからラグジュアリーコレクションまで幅広くラインをそろえる。同ブランドは、1月に北京と台北に出店しており、アジア圏での出店を加速している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら