ファッション

「アーカー」が中華圏に進出 北京と台北に出店

 ジュエリー・ブランドの「アーカー(AHKAH)」は1月16日、中華圏初のブティックを北京の中国国際貿易センター(以下、国貿)内のショッピングモール、国貿商城1階にオープンした。国貿は12ヘクタールの敷地内には高級ショッピングセンターや高級ホテル、高級マンション、オフィスビル、国際展示場が立ち並び、世界各国の有名企業の多くが拠点とする注目のエリアだ。国貿商城内にはラグジュアリー・ブランドをはじめ、多数のブランドが出店している。「アーカー」の店舗は、ブランドカラーであるホワイトとゴールドを基調とした空間で、デザイン性の高いファッションジュエリーからラグジュアリーなアイテムまで豊富なラインアップをそろえる。

 また、23日には台湾初の店舗を台湾最大級の複合商業施設の新光三越台北信義新天地内の中心であるA8館1階に出店。「アーカー」は同階で2018年9月からポップアップストアとして運営していた。店舗出店に合わせ、商品を拡充し、台湾の高感度な女性にアピールする。

 「アーカー」はインバウンド客にも絶大な支持を得ており、これら2店舗出店によりグローバル展開を加速する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら