ファッション

“モダンジュエリーの生みの親”「ラリック」初のジュエリーショップが伊勢丹新宿本店に登場

 クリスタルガラスのオートクチュールと呼ばれる「ラリック(LALIQUE)」が2月6日、伊勢丹新宿本店に出店する。同店舗は2018年にオープンした銀座旗艦店に次ぐ2店舗目で、初のジュエリー単独ショップになる。モダンでエッジィなコスチュームジュエリーや優美なファインジュエリーを販売する。オープンを記念し、アール・デコ時代のスタイルアイコンであったギャルソンヌにオマージュを寄せたコレクション“1927” を先行限定発売。「ラリック」の創業者であるルネ・ラリック(Rene Lalique)が1927~28年にデザインしたモチーフをモダンに再解釈したコレクションだ。ネックレスやバングル、イヤリング、リングなどがあり、価格は2万6000~9万1000円。

 「ラリック」と言えばガラスやクリスタルのオブジェで知られるが、創業者のラリックは宝石デザイナーとしてキャリアをスタートしており、“モダンジュエリーの生みの親”とも呼ばれている。現在では、クリスタルの装飾品やジュエリー、インテリア、アート、ワイン、フレグランスの6つのカテゴリーを展開している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら