ファッション

シェフになっていたかも!? 色石の魔術師タイヤックの飾らない素顔(後編)

 世界中の女性を魅了する「マリーエレーヌ ドゥ タイヤック(MARIE‐HELENE DE TAILLAC)」だが、その理由はカラフルで心躍るジュエリーだけではないだろう。タイヤックの飾らない人柄によるところも大きいはずだ。彼女はアレクサンドル・デュマの「三銃士」の着想源となった王室衛兵の直系の子孫であり、名前からも分かるように貴族だ。ところが、彼女の素顔には気取ったところが全くない。リッツォーリ(RIZZOLI)社から出版した書籍「ゴールドとジェムストーン マリーエレーヌ・ドゥ・タイヤックのジュエリー」には、ジャーナリストのヴァネッサ・フリードマン(Vanessa Friedman)やイネス・ド・ラ・フレサンジュ(Ines de la Fressange)などが寄稿し、タイヤックのクリエイションや彼女の魅力について語っている。妹のヴィクトワールは総合美容ブランド「オフィシーヌ・ユニヴェルセル ビュリー(L’OFFICINE UNIVERSELLE BULY)」を夫と運営するなど、姉妹で起業家として活躍。インタビュー前編のクリエイションに続き、ここでは、彼女に幼少時代やライフスタイルについて聞いた。

WWD: どのような子ども時代を過ごしたか?

タイヤック:父の仕事の関係で、リビアで生まれてレバノンなど中東で育った。いろいろな場所にいたから旅慣れているし、各地で博物館によく行った。5人兄弟で、幸せな子ども時代だったわ。姉妹は4人で、とても仲が良くて、姉のソフィーがいろいろなことを企画するのが好きで、よく一緒に遊んだものよ。子どもながらにファッションショーをした時は祖母の洋服を着てドレスアップしたわ。

WWD:ジュエリーデザイナーになっていなかったら何になっていた?

タイヤック:シェフかしら?私が18歳の頃は女性シェフがあまりいなかった。今は女性のシェフもいるけど、ほとんどは男性。父親がフランス人シェフのアンドレ・ダガン(Andre Daguin)と友人で、シェフは女性には大変な仕事だと言っていた。だから諦めたの。仕事にするよりは、家族や友人のために楽しんで料理する方がいいわね。または、ガーデンデザイナーになりたい。田舎の家の庭で花の世話をすると、花が喜んでいるように見える。料理も庭仕事も、とてもやりがいを感じるわ。

WWD:自身のファッションスタイルは?

タイヤック:カラフルで肌ざわりのよいソフト素材の洋服が好き。基本的にスカートが多いわ。フィットにはこだわるから、既製服をお直しに出すこともよくある。母がとてもエレガントな人だったから、その影響でイブニングウエアは大好きよ。あまりカジュアルな恰好はしない。ジムに何を着て行くべきか迷うくらい。ドレスアップするのは大好きで、クリエイティブだし楽しい。服装によって、別人になった気分になれる。ネットフリックス(NETFLIX)のドラマ「クラウン(CROWN)」のエリザベス女王のワードローブを見るのも楽しい。狩りに行くときは「バブアー(BARBOUR)」のジャケットを着てブーツを履いたり、場面ごとにいろいろな衣装に着替えるから。私は特定のブランドにこだわらない。自分のムードに合うブランドを選ぶようにしている。「メゾン ラビ ケイルーズ(MAISON RABIH KAYROUZ)」のドレスはとても美しいと思う。「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」のユーモアのあるファッションも好きよ。

WWD:ライフスタイルにおけるこだわりは?

タイヤック:朝が大好きだから、ゆったりと時間を取るようにしている。ヨガをしたり瞑想したり、自分のために時間を使うようにしている。ジャイプールでは毎朝泳ぐわ。朝食の時間も大好き。ビジネスをしていると自分でコントロールできないことがあるから、できるだけ午前中は予定を入れないようにしている。

WWD:好きな週末やバカンスの過ごし方は?

タイヤック:常に世界を飛び回っているから、バカンスは飛行機に乗らなくてすむ2カ月間で、田舎の別荘で泳いだり、ゆっくりと過ごすわ。週末はパリにいるときは自宅で過ごすことが多い。できるだけ人混みを避けたいから週末に仕事をして、平日休むこともあるわ。

WWD:世界中で好きな場所は?

タイヤック:美しさからするとイタリアのベネチアね。自然に囲まれているし、光もとてもきれい。感情に訴える面がたくさんあるわ。ニューヨークやロンドン、東京など大都市も好きだけど……。

WWD:人生におけるモットーは?

タイヤック:草間彌生の“ラフ・フォーエバー(LAUGH FOREVER)”という言葉があるけど、私の場合は、それにラブを付けて“ラブ&ラフ・フォーエバー(LOVE & LAUGH FOREVER)”。愛も笑いも、人生においてとても大切なものだと思うから。

WWD:これから新たにチャレンジしたいことは?

タイヤック:変わらなければいけない時だと思う。私のビジネスにおいて、環境や人権などできるだけ考慮していきたい。完璧にサステナブルというのは無理だけど、環境負荷を減らす工夫をしたり、ゴールドをリサイクルしたりできることから始めたい。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら