1. 有力バイヤーに聞く “ポスト・フィービー”は誰? ロンハーマン編

有力バイヤーに聞く “ポスト・フィービー”は誰? ロンハーマン編

コラム

2018/12/3 (MON) 12:00

 フィービー・ファイロ(Phoebe Philo)が「セリーヌ(CELINE)」を去り、“フィービーロス”現象が起きている。フィービーはメンズウエアをベースに、実用性と女性らしさを兼ね備えた洋服を提案し、多くの大人の女性と、時には男性たちの心も捉えてこれまでになかった市場を開拓した。そして多くのブランドがそのスタイルをフォローし、その影響力は極めて大きかった。オーバーサイズでしなやかさも備えるその服は、新しいテキスタイルや加工技術に加えて色の選び方も独特で、まさにフィービーのセンスの良さが凝縮されたもの。上質で奇をてらわないがコンサバではないモダンな服――その跡をカバーできるブランドはあるのか。大のフィービーファンで「セリーヌ」を着こなす名物バイヤーたちに聞く連載第4回(最終回)は、根岸由香里ロンハーマン事業部長兼ウィメンズ・ディレクターだ。

 「よくよく考えると、そもそもフィービーの存在は特殊。ブランドのデザイナー交代劇はたくさん見てきたが、ファッション関係者のみならず世界中の一般消費者がSNSなどで話題にし、インスタグラムでは @oldceline というフィービー時代の「セリーヌ」のアカウントができてすでに15.4万人のフォロワーを抱えるなど、今までにはない現象が起きている」とファイロの存在の特殊性について語る。

旅行やアートなど服以外の何かになるかもしれない

 「上質でミニマルな服を求めている人は『ジル・サンダー(JIL SANDER)』や『ザ ロウ(THE ROW)』の扉をたたくこともあるだろうし、『メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)』や『セリーヌ』で経験を積んだナデージュ・ヴァネ・シビュルスキー(Nadege Vanhee-Cybulski)が手がける『エルメス(HERMES)』を見に行くかもしれない。私自身は、もともとフィービーによる『セリーヌ』を買いながら『ジル・サンダー』や『ザ ロウ』も購入していたが、後者などの比率が増えるということもあるだろう。でもやはりフィービーの代わりはいないので、みんなの『次は誰に夢中になろう?何に投資しよう?』という気持ちが向く先は、ひょっとしたら旅行やアートなど服以外の何かになるかもしれない」。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 朝ドラ「まんぷく」で14歳の役を演じ、話題の女優・岸井ゆきのとは?

    映画・ドラマTV・ラジオキャリアインタビュー
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true