ヘアスタイルに合わせて「ジンズ」の眼鏡が買える新サービスをヘアサロン100店舗でスタート

ヘアサロンテクノロジーEC企業タッグ

2018/4/16 (MON) 11:00

 アイウエアの「ジンズ(JINS)」は、全国のヘアサロンと提携し、ヘアスタイリストからアドバイスを受けながら、ヘアスタイルに合わせて眼鏡を選び、その場で購入できる新サービス「Salon de MEGANE supported by JINS」を4月18日にスタートする。これはカットやカラーの合間に、ヘアスタイリストがヘアスタイルに合わせた眼鏡選びを客にアドバイスし、眼鏡を掛けることによるイメージチェンジを気軽に楽しんでもらうというもの。このサービスは、ジンズが開発したバーチャルフィッティングシステム「ジンズ バーチャル フィット」を活用し、自分の顔写真を撮影してサーバーにアップロードするだけで、2000種類以上の眼鏡のバーチャル試着体験が可能となる。気に入った眼鏡が見つかったら、「ジンズ」オンラインショップにアクセスして注文し、商品は自宅に届く。

 ジンズのデジタル事業部担当者は「自分にどんな眼鏡が似合うのかわからないという多くの消費者の声に応えたサービスだ。ヘアスタイリストとのコミュニケ―ションを通して、ヘアスタイルに合わせた眼鏡選びは新しい購買体験となり、ヘアサロンにとっても顧客サービスの差別化につながると思う」と話した。銀座の「ヴィサージュ(VISAGE)」、代官山の「ドゥーア(Door)」、原宿の「ガズル ハラジュク(GUZZLE HARAJUKU)」など100店舗で同サービスを開始し、今年中に1000店舗での展開を目標にしている。「全国に20万店あるといわれる美容院にどれだけ拡大できるかが課題。eコマースでの売り上げ比率を中期的に全体の5%にすることが目標だ」という。ジンズの2017年8月期の売上高は504億円。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. PICKUP

    ドンキHDが渋谷・道玄坂に複合ビル開発 2022年春開業

    企業動向商業施設
  2. 元「スライ」カリスマ店員が新ブランド立ち上げ

    新ブランド・新ライン
  3. PICKUP

    藤原ヒロシの「ザ・コンビニ」オープン直前 発売商品ほぼ全部見せ

    企業動向商業施設オープン
  4. 「シュプリーム」が日刊紙「ニューヨーク・ポスト」をジャック

    雑誌・書籍・媒体コマーシャル企業タッグ新作
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true