阪急うめだ本店が化粧品フロアを改装 初出店ブランドも多数

商業施設リブランディング

2018/2/6 (TUE) 14:00

 阪急うめだ本店は3月1日、化粧品売り場をリニューアルする。スキンケアを拡充した「きれいきれいステーション」やキャビンを増設するなど2、3、6、10階の化粧品ゾーンを一新。また、3月28日には、隣接する阪急グランドビル19階にワンランク上のきれいがかなうビューティフロア「ハンキュウ ビューティ サロン(HANKYU BEAUTY SALON)」をオープンし、女性のあらゆるニーズに対応していく。

 同店は、2012年のグランドオープン以来、「化粧品売り場でイベントを開催したり、SNSを活用した情報発信などを積極的に実施したりした結果、国内外のお客さまの高い支持を受け、売り場がにぎわい、ゆっくりと買い物を楽しめる環境が十分に整わなくなった」(広報担当者)ことから、各フロアを一新するもの。2階の「きれいきれいステーション」をミレニアル世代に向けたスキンケア提案に進化し、美容液やクリームなどプレミアムスキンケア15ブランド以上を比較して試せる他、購入もできるようにする。また、1階のフレグランス売り場を2階に移設して、30ブランド以上をそろえる他、新たに「ロジェ・ガレ(ROGER & GALLET)」を加える。3階には西日本初登場となる「ル・ラボ(LE LABO)」や「イソップ(AESOP)」をそろえる。

 6階は、美容上級者のためのキャビンを併設したブランドを集める。「シスレー(SISLEY)」「ヘレナ ルビンスタイン(HELENA RUBINSTEIN)」「ラ・プレリー(LA PRAIRIE)」を2階から移設し、全9ブランドがトリートメントも受けられる仕様となる。

 また、「美容上級者に向け、フェイスだけでなくボディーケアやヘッドスパまでを上質な空間で提供する」ワンランク上のきれいがかなうビューティフロアを阪急グランドビルに設ける。売り場面積660平方メートルに、大阪初登場の「クレ・ド・ポー ボーテ サロン(CLE DE PEAU BEAUTE SALON)」や百貨店初の「クリニカルサロン シーズ・ラボ(CI:Z.LABO)」など5つのブランドがそろう。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 幸せに満ちたメーガン妃のブライダルメイクは「ディオール」新ライン

    ブライダルイベント新ブランド・新ライン PR
  2. 村上隆が「ドラえもんUT」コラボを語る さっそく外国人観光客がまとめ買い

    アニメ・マンガ企業タッグ新作イベント
  3. 「カルヴェン」破たん 身売り先を探す

    企業動向破産・倒産
  4. LVMH関連会社が運営するシンガポール発エンタメレストラン「セラヴィ」が日本初上陸

    企業動向商業施設企業タッグオープン日本上陸
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false false