ニュース

プーマがサニブラウンとパートナーシップを締結 陸上男子100メートル日本記録保持者

 プーマ ジャパンは12月26日に、陸上競技選手のサニブラウン・アブデル・ハキーム(Sani Brown Abdul Hakim)とパートナーシップを締結したことを発表した。このパートナーシップは、サニブラウンの常に挑戦し続ける姿勢に対して、プーマが共感したことから実現した。

 サニブラウンは、ガーナ人の父と日本人の母を両親にもつ20歳の陸上競技選手だ。男子100メートル9秒97の日本記録保持者で、今年11月にはプロ転向を表明した。また200メートルは日本歴代2位、60メートルでは日本歴代1位の記録を持っている。現在は、米・フロリダ大学に通っている。

 プーマはこれまで、人類史上最速のスプリンターと評された元陸上競技選手のウサイン・ボルト(Usain Bolt)やレーシングドライバーのルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)らとパートナーシップを結んできた。現在では、モデルの藤田ニコルやアトレティコ・マドリードのGKのヤン・オブラク(Jan Oblak)らと結んでいる。