ニュース

動画追加:新国立競技場を2020人が走る アシックスが“聖地”で初のランイベント

 アシックスは、11月に完成した新国立競技場で一般客を招いたイベント“アシックス ファースト ラン”を12月21日に開催した。陸上トラックを実際に使用したイベントは完成以来初めて。イベントには抽選で選ばれた2020人のほか、国立競技場を設計した隈研吾やアシックスのブランドアンバサーで女優の土屋太鳳、渡辺直美ら多数のゲストが登場した。競技場内は5層建てで開放感があり、木材を使った屋根やアースカラーの座席など、隈がこだわる自然との一体感や温もりの演出が随所に見られた。収容人数は最大6万人で、東京オリンピック・パラリンピック終了後には8万人に拡張する予定もあり、新たなスポーツの“聖地”として期待がかかる。

 イベントではレスリングの吉田沙保里やハンマー投げの室伏広治、女子マラソンの野口みずきや有森裕子、競泳の河合純一ら歴代のメダリストに加え、陸上の桐生祥秀や井谷俊介、射撃の田口亜紀、スケートボーダーの中村貴咲といった現役アスリートが、招待された2020人と1周400メートルのトラックを走る“メモリアルラン”を行った。ランニング中は楽しそうに記念撮影をしたり、興奮した様子でトラックの状態を語り合ったりと、それぞれが貴重な時間を楽しんでいた。

 また一部の招待客とアスリートがチームを組み、5チーム対抗の800メートルリレーが行われ、吉田沙保里と井谷俊介を含む緑チームが優勝。第一走者を務めた吉田は勢い余って転倒するハプニングが起こり、「久しぶりに本気で走ったので」と笑った。7人組ユーチューバーのフィッシャーズと200メートル走で対決した桐生は「初めて国立競技場入ることができ、オリンピック本番のイメージがわいた。本番までもうすぐなのでまずは出場権を獲得し、本番ではファイナルに残ってメダルを獲りたい」と気を引き締めた。リレーのスターターを務めた土屋も「競技場はまるで高速道路のようで、走らせてくれる場所という感じがした。これからいろいろな記録が生まれそう」と期待した。