ファッション

スペインサッカーリーグ「ラ・リーガ」のパートナーがナイキからプーマに変更

 プーマ(PUMA)はこのほど、2019-20年シーズンからスペイン・プロサッカーリーグ「ラ・リーガ(リーガ・エスパニョーラ)」のオフィシャル・テクニカルパートナーとなることを発表した。契約金額などは明らかにされていないが、一部報道によると3シーズンの長期大型契約だという。プーマは今後、「レアル・マドリードCF(REAL MADRID CF)」や「FCバルセロナ(FC BARCELONA)」が所属するラ・リーガ サンタンデール(1部リーグ)およびラ・リーガ ウン・ドス・トレス(2部リーグ)に公式試合球を提供するほか、さまざまな製品の開発・製造を行う。

 現在、ラ・リーガでは「SDエイバル(SD EIBAR)」がプーマとサプライヤー契約を結びユニホームを着用しているが、今回の契約に合わせ「バレンシアCF(VALENCIA CF)」と「ジローナFC(GIRONA FC)」が新たにプーマとサプライヤー契約を締結し、同シーズンからユニホームを着用する予定だ。また、ラ・リーガでプレーする主なプーマ契約選手には、ウルグアイ代表のルイス・スアレス(Luis Suarez)やフランス代表のアントワーヌ・グリーズマン(Antoine Griezmann)、スロベニア代表のヤン・オブラク(Jan Oblak)らがいる。

 なお、ラ・リーガはこれまでナイキ(NIKE)と23年間にわたり契約していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら