ファッション

「グレースコンチネンタル」が代官山店に1万個の電球を灯すワケ

 アイランドの「グレースコンチネンタル(GRACE CONTINENTAL)」はこのほど、冬季限定のイルミネーションを代官山店のウインドウに施した。25日までは、大きなクリスマスツリーとリースも店頭に設置し、来店客を楽しませている。

 地上3階建てのショップのカーテンに、1万個以上の電球を灯した。1階の正面ウインドーには、人の背丈をゆうに超えるクリスマスツリーとともに、2019-20年秋冬のアウターを着せたマネキンを並べ、年末ムードを盛り上げている。同店がイルミネーションを店舗に施すのは、今回が初めて。装飾を7日に取り付けてから、「家族連れや外国人観光客を中心に、来店客増につながっている」(山下花プレス)という。

 木村剛士アイランド社長は、「最近はクリスマスでも、街を歩くよりも屋内でまったり過ごしたいという人が増えている。そのような『等身大』の価値観の人が増えている今だからこそ、お客さまを呼び込むため、このタイミングで(イルミネーションを)やってみるべきだと思った」と話す。「アパレルが売れないと言われる中で、価格で訴求するのは『グレース』らしくない。付加価値を生み出せるのは、お客さまへのおもてなししかない」。

 そのような考えの下、同社は昨今、顧客の満足度向上のための場を設けることに注力している。今年は、顧客向けに初めて数回にわたるパーティーを開催し、そのコンテンツとして新作をモデルに着せたランウエイショーも披露した。「『グレース』は女性が憧れ、背伸びしても着てみたいブランドを目指してきた。その原点に立ち戻るため、今後もお客さまに特別感を提供する取り組みを強化していきたい」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら