ファッション

「グレースコンチネンタル」が初のショールーミングストア 三井不動産の「アンドモール」とタッグ

 アイランドの「グレースコンチネンタル(GRACE CONTINENTAL)」は、三井不動産のファッションECモール「アンドモール」と連動した初のショールーミングストアを4月19日まで、東京ミッドタウン日比谷1階エスカレーター側にオープンしている。

 造花などの緑を配置した店舗スペースでは「グレースコンチネンタル」と「ダイアグラム(DIAGRAM)」のリゾート着をイメージした夏の新作を並べており、通行人が自由にラックに並んだ商品を見ることができる。限定商品としてアイコンバッグ"マエストラ(Maestra)"の限定色ブロンズ(3万8000円)を販売する。

 店舗では商品を見るのみで、購入はオンライン上で、スマートフォンから「アンドモール」にアクセスして、購入商品の決済を行うというもの。期間中は特別価格として10%オフ(限定商品は除く)で販売するほか、購入者と、「アンドモール」サイト上で「グレースコンチネンタル」をお気に入りブランドに登録した人にノベルティーとしてバスソルトをプレゼントする。

 現在、アイランドはCRM(顧客情報管理)やオムニチャネル戦略を推進中だ。ウェブ接客として、インスタグラム上のライブ配信やユーチューブ(YouTube)の動画配信なども実施している。昨年末にはバニッシュ・スタンダードが提供するショップスタッフのコーディネート投稿機能「スタッフスタート(STAFF START)」を導入。オンラインサイトは、自社ECやオンワードグループのECモール「オンワード・クローゼット」、楽天のファッションECモール「楽天ブランドアベニュー」など9つのEC店舗を構える。現在EC化率は10%強だが、中長期的には15%を目指す。

 アイランドの三芳克則営業部部長ブランドマネジメント担当は「三井不動産との試験的な取り組みとして、今回の出店を決めた。当社は店頭接客に強みを持つため、パーソナルな商品提案をウェブでも広げていきたいと考えている。オンラインと実店舗の両方でお客さまとの接点を増やして、スタッフのファンを作っていけるようにしていきたい」と話す。

■「グレースコンチネンタル」ショールーミングストア
日程:4月15〜19日
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2
場所:東京ミッドタウン日比谷1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら