ビューティ

「セルヴォーク」の売上高が2.9倍と好調に推移

有料会員限定記事

 マッシュビューティーラボが展開するトータルビューティブランド「セルヴォーク」の勢いが止まらない。2019年8月期の売上高は前期比約2.9倍の19億円と伸長。今期も好調を維持し続けている。店舗においては2016年の誕生以来、百貨店の化粧品売り場での取り組みを念頭に置き、19年12月時点で14店舗まで拡大(前年は7店舗)。20年は5店舗程度の出店を計画しており、その勢いは加速しそうだ。(この記事はWWDビューティ2019年12月19日号からの抜粋です)

 好調な要因は「シーズンごとのメイクコレクションが幅広い年齢層のお客さまにご好評いただいている。さらに、スキンケアやファンデーションの認知度が少しずつ広まってきている」ことと野島裕子マッシュビューティーラボPRコミュニケーション事業部プレスセルヴォーク担当と分析する。

この続きを読むには…
残り819⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。