ファッション

神戸発ファッションブランド「チェスティ」の小川淳子氏が死去

 アパレル会社JOCの社長で「チェスティ(CHESTY)」のプロデューサーでもある小川(本名、小島)淳子氏が、12月3日に脳腫瘍のため死去した。享年39。1979年生まれ、神戸市出身。葬儀・告別式は近親者らで済ませ、後日「お別れの会(仮称)」を執り行う予定という。

 2000年代初期の読者モデル全盛期、神戸女学院大在学中にファッション誌「JJ」でカリスマ読者モデルとして活躍。神戸出身ならではのエレガントで高感度なスタイルは読者からの支持も高く、特集ページが組まれるなどの人気を博した。卒業後は就職し、自身のネイルサロンのオープンを経て03年に「チェスティ」を設立。18年には15周年を迎えていた。なお、ブランドは今後も継続していく。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら