ビジネス

原宿駅前の新施設「ウィズ原宿」の全14店舗発表 「イケア」「ユニクロ」のほか、資生堂が3業態

 NTT都市開発は、原宿駅前に2020年4月に開業予定の複合施設「ウィズ原宿」の全14店舗のテナントを発表した。地下2階〜地上3階および8階の商業施設約1万平方メートルに、家具・インテリア「イケア(IKEA)」で日本初の都市型店舗、「ユニクロ(UNIQLO)」が8年ぶりに原宿に出店する大型店、資生堂による体験型ストア「ビューティ・スクエア(BEAUTY SQUARE)」とヘアメイクアカデミー&スタジオ「サブファ(SABFA)」とレストラン「資生堂パーラー」などが入る。

 ウィズ原宿は竹中工務店と伊東豊雄設計事務所が設計・施工を手掛けた。小高い丘状の地形を生かし、表参道側と竹下通り側をつなぐ導線をつくるなどの工夫を施す。地下3階・地上10階の建物の低層部を商業施設、中層部をイベントスペースとシェアスペース、上層部を賃貸レジデンスで構成する。

 商業施設には上記のほか、長年この場所で営業してきたスポーツ専門店「オッシュマンズ(OSHMANS)」、旧パレフランス(現・神宮前タワービルディング)で03年に閉店したカフェ「オーバカナル(AUX BACCHANALES)」、アウトドアブランド「スノーピーク(SNOW PEAK)」の新業態、セイコーの直営店「セイコー ブティック」「セイコー プロスペックスブティック」、「ドクターマーチン(DR.MARTENS)」の都内最大級店舗などが出店する。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら