ファッション

アシックスがショッピングバッグをプラスチック製から環境配慮型の紙製に 

 アシックスは、サステナビリティに配慮した取り組みの一環として、製品購入時のショッピングバッグをプラスチック製から環境配慮型の紙製に2020年から順次変更する(20年末までの全廃を目指す)。今回の取り組みは、2019年7月に策定した「サステナブルパッケージ方針」に基づくもので、日本国内でショッピングバッグに便用していたプラスチック約26トンを節減する。

 加えて、リサイクル材を採用したハンガー、リサイクル可能なマネキン、FSC認証材を採用した什器など、店舗内の環境配慮も進めている。対象店舗は、同社が展開している全ブランド(「アシックス(ASICS)」「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」「ホグロフス(HAGLOFS)」)の全直営店となる。

 同社は今後、持続可能で公正なスポーツ用品業界の実現を目指す全てのビジネスパートナーと共に、事業のあらゆる場面でサステナビリティに配慮した取り組みを推進し、持続可能な社会の実現に努めていく。

 「サステナブルパッケージ方針」は、グループ全体で使い捨てプラスチックの使用を廃止し、環境配慮素材に順次切り替えるものだ。

 ※FSC認証は、FSC(FOREST STEWARDSHIP COUNCIL:森林管理協議会)が運営する国際的な制度。適切な森林管理が行われていることを証する森林管理の認証(FM認証)と、森林管理の認証を受けた森林の木材や木材製品であることを証する加工・流通過程の管理の認証(COC認証)の2種類の制度がある。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら