ファッション

「コーチ」のホリデーキャンペーンにケイト・モスやミーガン・ジー・スタリオンら ブランド初のロゴを復刻したアイテムも

 「コーチ(COACH)」は2019年ホリデーキャンペーンにモデルのケイト・モス(Kate Moss)、ラッパーのミーガン・ジー・スタリオン(Megan Thee Stallion)、スパイク・リー(Spike Lee)、トニヤ・リー(Tonya Lee)、女優のヤラ・シャヒディ(Yara Shahidi)らを起用した。フォールキャンペーンで初めてタッグを組んだフォトグラファーのユルゲン・テラー (Juergen Teller)が撮影した。

 “ワンダー・フォー・オール(WONDER FOR ALL)”と題した今季のキャンペーンは、ホリデーシーズンは皆で集まって楽しく過ごすべきという思いが込められている。また同キャンペーンには、新作“ホース アンド キャリッジ”コレクションも登場する。1950年代に初めて登場した “ホース アンド キャリッジ” は、「コーチ」のレザークラフトの歴史とニューヨークの伝統を象徴するシンボルであり、ブランドにとって初のロゴマーク。このモチーフやパターンを、バッグやウエアに用いて生まれ変わらせている。

 キャンペーン動画には、ほかにもモデルで女優のカミ・モローネ(Cami Morrone)や 「ル・ポールのドラァグ・レース」シーズン8で優勝したボブ・ザ・ドラァグ・クイーン(Bob the Drag Queen)、作家・俳優・プロデューサーのベン・シンクレア(Ben Sinclair)、シャヒディの家族、ニューアーク少年聖歌隊が特別出演する。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら