ファッション

プラダとアディダス、長期的な協業を発表 第1弾は12月発売

 プラダ(PRADA)とアディダス(ADIDAS)は11月8日、長期的に協業することを正式に発表した。その第1弾として、“プラダ フォー アディダス(PRADA FOR ADIDAS)”の限定モデルを2モデル発売する。その1つめはメンズとウィメンズの両展開で、プラダがイタリアで生産する。全世界で12月に発売される予定だ。

 両ブランドは7日、「Coming soon.」の文字とともに、「プラダ」のショッパーに「アディダス」と「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」のシューズボックスが入っているティザー画像をそれぞれのインスタグラムに上げてコラボレーションを示唆していた。

 プラダとアディダスは、「限定モデルは双方の豊かなアーカイブを着想源とした、タイムレスでクラシックなものに対するトリビュートとなる。スポーツからストリート、そしてラグジュアリーへという潮流の中で、それぞれのブランドで育まれてきたクラシックな定番を再解釈し、新しい目で見直したものになる」と共同声明で発表した。長期的な協業のその他の内容についてはまだ明らかにされていないが、プラダが所有するヨットチーム、ルナロッサ(LUNA ROSSA)向けの新たなセーリング用フットウエアを2020年に発表するという。

 プラダがスポーツブランドとこのようなコラボレーションをするのは今回が初となる。一方、アディダスはこれまでにステラ・マッカートニー(Stella McCartney)、ラフ・シモンズ(Raf Simons)、リック・オウエンス(Rick Owens)、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)などのさまざまなデザイナーやアーティストと協業している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら