ニュース

ナイキが傘下の米サーフブランド「ハーレー」を売却

 ナイキ(NIKE)は傘下のサーフブランド「ハーレー(HURLEY)」を、米投資会社ブルースター・アライアンス(BLUESTAR ALLIANCE)に売却する。詳細は非公開だが、12月中に取引が完了する見込みだ。

 「ハーレー」は、サーフボードのシェイパー(サーフボードを削る職人)として有名なボブ・ハーレー(Bob Hurley)が1999年にカリフォルニア州で創業。ナイキは2002年に同ブランドを買収し、サーフィンやスケートボード、スノーボード分野を強化した。当時、「ハーレー」の売り上げは7000万ドル(約75億円)程度だったが、ナイキのサポートの下で世界的なサーフブランドに成長した。ハーレー創業者は最高経営責任者(CEO)も務めていたが、15年にCEO職を退任している。

 ブルースター・アライアンスは06年に設立。主に「べべ(BEBE)」「タハリ(TAHARI)」「ケンジー(KENSIE)」などのカジュアルブランドや、ブルックストーン(BROOKSTONE)などの小売りチェーンに投資している。

 ナイキは10月23日に、マーク・パーカー(Mark Parker)会長兼社長兼CEOが20年1月13日付でCEO職を退任してエグゼクティブ・チェアマンに就任することを発表したばかり。これに伴い、新社長兼CEOにはナイキの社外取締役である米IT企業サービスナウ(SERVICENOW)のジョン・ジョセフ・ドナホー2世(John Joseph Donahoe II)社長兼CEOが任命された。