ファッション

「ナイキ」の“シブヤ コレクション”から渋谷ハロウィンモデルの“エア フォース 1”が登場

 「ナイキ(NIKE)」は10月31日に、毎年盛り上がりを見せる渋谷ハロウィンに着想した“エア フォース 1(AIR FORCE 1)”を発売する。価格は1万4000円で、公式アプリ「NIKE SNKRS APP」や一部取り扱い店舗で販売する。

 ハロウィンらしいオレンジとブラックをキーカラーとしているが、着想源はハロウィン翌日の渋谷の街からだ。渋谷ハロウィンは毎年数十万人を超す人々が訪れることからゴミ問題に悩まされ、翌日朝にボランティアによる清掃活動が行われきた。今回はそんなボランティアの人々にフォーカスし、アッパーの一部を彼らが持ち歩くゴミ袋のような透明のTPU素材にすることで清掃活動を称えたという。

 また今作は、“シブヤ コレクション(SBY COLLECTION)”と呼ばれるコレクションの一足で、11月2日には渋谷ハロウィンモデルと同様に渋谷の頭文字である“SBY”の刺しゅうがヒール部分に入った2モデルも発売する。この2モデルは渋谷駅から着想しており、渋谷を走る8つの路線を思わせるカラーをアッパーに使用し、インソールには各路線図がプリントされている。価格は1万4000円。

 なおスケートボードライン「ナイキ SB」も10月31日に、アッパーのトゥ部分の通気口がカボチャの吸血鬼のようになったハロウィン仕様の“ダンク ロウ(DUNK LOW)”(1万円)を発売するほか、25日からはアッパーの両サイドに骨が透けて見えるような蓄光性のグラフィックが大胆にプリントされた“エア フォース 1”(1万4000円)が販売されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら