ニュース

“白鳥エステ”などエステサロン運営のアキュートリリーが破産

 東京商工リサーチによると、エステティックサロンを運営するアキュートリリー(東京・末永紘子社長)が10月1日、破産手続きの開始決定を受けた。負債額は調査中。同社のウェブサイトやサロンの公式サイト、SNSは現在閲覧できない状態になっている。

 2014年に設立されたアキュートリリーは白鳥紘子の名で業界セミナーなどを行っていた末永社長のもと、 エステサロン「エイチエス ボディー デザイン(HS BODY DESIGN)」と「フラッフィー アンド フラッフィー(FLUFFY & FLUFFY)」を運営。特に代表の名字から“白鳥エステ”と呼ばれていた「エイチエス ボディー デザイン」は、全身オイルマッサージが60分3000円から受けられることや技術力の高さなどから若年層を中心に支持されて、池袋や代々木などの都心に加えて大阪や名古屋にも出店するなど、一時は全国に12店舗を運営していた。

 しかし、19年3月に各種保険料納付の遅延で各自治体の年金事務所を訪れたことなどを末永社長が自身のSNSで告白。また、従業員のSNSなどでは給料の未払いが明らかになり、7月30日に「給与遅配に関するお知らせ」をホームページに掲載して給与遅配を認め、19年中の解消を目指すとしていた。