ビジネス

名古屋三越栄店が入る商業ビルが建て替え構想を表明

 名古屋三越栄店が入る商業ビルを運営するオリエンタルビルは、2029年の完成を目標とする同ビルの建て替え構想を明らかにした。地下3階、地上34階建て、高さ約180メートルで、商業施設に加えてホテルなどを備える複合商業ビルとなる。今後、事業関係者や地権者との協議に入る。

 現在のビルは地下3階、地上9階建て、延べ床面積約7万6600平方メートル。名古屋三越栄店の前身「オリエンタル中村百貨店」の開業年である1954年に完成した。耐震補強工事は実施済みだが、建物の老朽化が課題となっている。

 構想では、高層階に高級ホテル、中層階にコンベンションホール、低層界に商業施設を入れる予定だが、名古屋三越栄店は「今回の発表で(建て替え構想を)初めて耳にした。あくまでビルのオーナー側の展望だ」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら