ビジネス

伊勢丹相模原店が29年間の営業を終了 別れを惜しむ人が殺到

 伊勢丹相模原店(神奈川県)が30日、最後の営業日を終え、閉店した。開店前は、朝7時に到着した女性2人組を先頭に約1500人が列を作った。開店すると、入店客一人一人に山下洋志店長が頭を下げて出迎えた。なお、伊勢丹府中店(東京都)も同日をもって営業を終了した。

 相模原店の正面入り口手前にはアルファベットで「ISE AN」のオブジェが飾られ、EとAの間に入って水平に手を伸ばし、最後の記念撮影を楽しむ客の姿も多く見られた。入り口扉から入ってすぐの壁面には、地域の伊勢丹ファンや近隣の小学生らから届いた約700枚のメッセージカードを飾った。

 来店客の多くは、長年の顧客であるシニア層の男女。近隣に住む顧客の69歳の女性は「今日が最後かと思うと悲しい。娘との買い物や、孫の高校の制服をここでそろえたのがいい思い出」と懐かしんだ。

 同店は7月中旬から最終営業日まで「ファイナルフェスタ」と題した閉店セールを実施し、各階に特設ブースを設置した。2階服飾雑貨コーナーではマフラーや手袋、ニット帽子などのワゴンセールに女性たちが群がる光景もみられた。3階婦人服ではカットソーなどの軽衣料、4階紳士服ではベルトやネクタイなどのセール品売り場も活気があふれていた。

 また、3階婦人服フロアの「ダブルビー(WB)」や「自由区」など各ブランドの店舗では、増税前の駆け込みで買い物を楽しんだり、なじみの店員との別れを惜しんだりする顧客の姿が多く見られた。6階子供服売り場の「ポロ・ラルフローレン(POLO RALPH LAUREN)」は親子連れでごった返した。

 閉店時刻(19時)になると惜別ムードが漂う中、正面入口で集まった客を前に山下店長が最後のあいさつをした。「オープン以来、私たちにとって最も幸せだったことは、皆さまにお会いできたこと。ここで働く従業員もそれぞれ別の道を歩き始めるが、これからもここ相模大野で頂けたご縁を大切に、歩み続けていきたい」と締めくくった。

 同店は開店当初(90年9月)、高嶋政宏主演のドラマ「デパート!夏物語」の舞台として話題となった。地域唯一の百貨店として29年の歴史に幕をおろした同店は、同日営業終了した府中店とともに、建物は今後「売却も含め検討中」(三越伊勢丹広報)という。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら