フォーカス

ロンドン女子は新生「ボッテガ・ヴェネタ」に夢中 アクセサリーのリアルトレンド

 9月13〜17日に開催されたロンドン・ファッションウイークのオフランウエイでトレンドに浮上した“ニュークラシック”。クラシックを現代風に解釈したスタイルのアクセサリーは、ここ数年存在感が薄かったロングブーツや、ダニエル・リー(Daniel Lee)=クリエイティブ・ディレクターによってイメージを刷新した「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」の支持率が高かった。特に着用者が多かったトレンドアクセサリー2つをご紹介。

キーアクセ1:「ボッテガ・ヴェネタ」のバッグ

 バッグは「ボッテガ・ヴェネタ」の一人勝ち!特に“ザ・ポーチ”はサイズ、色違いで1日に何度も見かけた。シンプルな無地のウエアやドレス、ワントーンカラーのシックなスタイリングのアクセントにぴったり。ただしシューズやベルトの着用者こそいたものの、ウエアを見ることはほとんどなかったため、新生「ボッテガ・ヴェネタ」がトータルで浸透していくにはもう少し時間がかかりそうだ。

キーアクセ2:ロングブーツ

 ここ数年はショートブーツが秋冬の主流だったが、今季はエレガントな印象を与えるロングブーツがトレンドシューズとして浮上している。パイソンやゼブラなど、アニマルプリントで存在感のあるデザインが多い。膝が見える丈のロングブーツを、ミドル丈ドレスやスカートと合わせるスタイリングが今秋冬らしい印象だ。

ELIE INOUE:パリ在住ジャーナリスト。大学卒業後、ニューヨークに渡りファッションジャーナリスト、コーディネーターとして経験を積む。2016年からパリに拠点を移し、各都市のコレクション取材やデザイナーのインタビュー、ファッションやライフスタイルの取材、執筆を手掛ける

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら