ビジネス

小松マテーレ、中山賢一代表取締役会長が社長を兼任

 東証一部上場の染色加工大手、小松マテーレ(本社:石川県能美市)は27日、中山賢一代表取締役会長(78)が30日付で社長を兼任すると発表した。同社は9月3日に、池田哲夫社長の辞任を発表していたが、後任は未定だった。

 中山会長は1941年8月19日石川県小松市生まれ。64年に小松織物精練染工(現小松マテーレ)入社。83年に販売部部長、同年取締役就任。85年に常務取締役、87年に社長、2003年から代表取締役会長に就任。06年に代表取締役会長兼社長を経て09年から代表取締役会長に就任していた。中山会長は繊維の可能性を広げるアイデアマンとして知られ、小松マテーレの繊維加工技術の革新をけん引してきた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら