ニュース

ブルゾンちえみが故郷岡山の山陽新聞社の記念企画で新人記者役 岡山デニムをはいて身も心もタフに演じる

 山陽新聞社(本社:岡山県)は創刊140周年を記念して、岡山県デニムの魅力を発信するプロジェクト「ライフ イン デニム オカヤマ(LIFE IN DENIM OKAYAMA)」を発足し、岡山県出身のブルゾンちえみをアンバサダーに任命した。「デニムの日」である10月26日から山陽新聞広告や地元ポスター、SNS、ウェブなどでビジュアルを公開し、岡山デニムの魅力をアピールする。

 ビジュアルは、「新米記者ちえみのライフ イン デニム」と題し、ブルゾンちえみ with Bが山陽新聞社の新人記者役に扮するというもの。恋愛や仕事に一生懸命な様子を岡山デニムコーデととも発信する。

 9月26日は、山陽新聞社の東京支社で、ビジュアルの公開撮影が行われた。ブルゾンちえみは「岡山デニムはとにかく品質がいい。どんなアイテムにも合うのがデニムの魅力だと思うし、着回しにもぴったり。『岡山と言えばデニム』と言われるのがうれしい。最近、岡山はキテいる。あの(女子プロゴルファーの)渋野日向子ちゃんと私は同じ小中学校なので」と岡山愛を真面目にコメント。今回のビジュアルで新聞記者役を演じることから、記者としての心得を聞くと「デニムをはいた記者なので、どんな現場もタフに取材する。ちょっとやそっとじゃへこたれないぞ」と答えた。また、最近気になったニュースは「水川あさみと窪田正孝の結婚」と、早速ゴシップ記者ぶりを発揮していた。