ファッション

「ヴォーグ」が選ぶ“今年最も輝いた女性” ブルゾンちえみ、木村多江、コムアイらが受賞

 「ヴォーグ ジャパン」は11月24日、スタイル・生き方・美において読者に影響を与え、各分野で活躍した女性を選ぶ「ヴォーグ ジャパン ウィメン オブ ザ イヤー 2017(VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017)」の授賞式を東京・丸の内で開催した。今年で13回目を迎える同賞には、お笑い芸人のブルゾンちえみや女優の木村多江の他、恩田陸(作家)、コムアイ(アーティスト)、SONOYA MIZUNO(女優)、MIKIKO(演出振付家)、南谷真鈴(冒険家)、吉岡里帆(女優)らが選ばれた。

 また、今後の活躍が期待される新世代女性の中から選ばれる「ライジングスター オブ ザ イヤー(RISING STAR OF THE YEAR)」にはYOON「アンブッシュ(AMBUSH)」デザイナーが選ばれた。

 授賞式の開会挨拶とトロフィー授与を行った渡辺美津子「ヴォーグ ジャパン」編集長は今年の受賞者は「挑戦することをやめない女性たち」だと説明。受賞者の一人ひとりに、芸術家の森万里子制作による鳥のつがいを模したトロフィーを手渡した。

 受賞したブルゾンちえみは芸人のブリリアントにエスコートされ登壇。「私にとって『ヴォーグ』は憧れだった。いつもはシャツとタイトスカートなので、今日はワンピースをチョイスした」と話し、「女に生まれてよかった!」と持ちネタを披露。2018年は「これまで挑戦したことがないことにトライしたい」と抱負を語った。

 Perfumeや星野源の“恋ダンス”の振り付けで知られる振付家のMIKIKOは、大好きだという「トーガ(TOGA)」の服で登場。自身のヘアスタイルに合わせてドレスもアシンメトリーな点がポイントだと話した。また、“女に生まれてよかった瞬間”を聞かれると、「七変化できるのは女性の特権。感情の機微はうっとうしいと思う時もあるが、モノを作る上でその感情の変化が大切な時もある」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら