ファッション

「ユニクロ」がインド初出店に合わせてインド人デザイナーとコラボ 伝統服クルタを“LifeWear”に

 「ユニクロ(UNIQLO)」は10月4日、デリーを拠点とするインド人デザイナーのリナ・シン(Rina Singh)とコラボレーションした“クルタ・コレクション”を発売する。インド1号店オープンに合わせたもので、インドと日本のほかシンガポールやマレーシア、タイ、インドネシア、フィリピンで販売する。

 同コレクションはインド人女性の日常着である伝統服“クルタ”をモチーフにしたもの。クルタチュニック(2990円〜4990円)、ドレス(3990円〜4990円)、パンツ(2990円)、ストール(1500円)の4つを展開する。カラーパレットはインドのスパイスルートに着想を得た。素材にはプレミアムリネンやコットン、東レと共同開発したイージーケアのレーヨン生地を使用し、インドならではの蒸し暑い気候でも快適に過ごせる。ツイルチェックとポルカドットは、手織りの糸染料とブロックプリントをベースにデザインした。

 リナ・シン=デザイナーは「インドの日常着として愛用されているクルタは、タイムレスで民主的で機能的。まさにユニクロの“LifeWear”のコンセプトと合致している。このコラボレーションでは、年齢、文化、信条に関係なく、あらゆるバックグラウンドの女性に着ていただけるモダンでエレガントなクルタを追求した」と語った。

 リナ・シンはインド・サランプール生まれ。インドのファッションスクールを卒業後、英国留学を経て国立ファッション技術校に勤務。2011 年には自身のブランド「エーカ(EKA)」を設立した。インドの伝統的な手織りの生地や染色、プリント、刺しゅうなど手仕事にこだわったアイテムをパリとニューヨークのコレクションで発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。