ファッション

「フリークス ストア」のデイトナ鹿島研社長がアメリカを撮った写真展「デイトリッパー」を開催

 デイトナ・インターナショナルは、東京・渋谷の「フリークス ストア(FREAK'S STORE)」に併設するギャラリースペース兼ショールーム「オープン スタジオ(OPEN STUDIO)」で、9月28日~10月6日に同社の鹿島研社長による写真展「デイトリッパー(DAY TRIPPER)」を開催する。「デイトリッパー」とは、鹿島社長がアメリカを旅して出合ったものを展示会や写真展で伝えるライフワーク。

 6回目となる今回のエキシビションは“The Innovative(革新的)”をテーマに、「7月4日のアメリカ独立記念日にワシントンD.C.へ」という大まかな予定だけ決め、ニューヨークからニューケイナンへ行き、かつての首都であるフィラデルフィア、ワシントンD.C.、ピッツバーグを旅した。鹿島社長は「アメリカは毎回違う表情を見せてくれる。これがアメリカの豊かさであり、アメリカを旅する面白さだ」と語り、自身の目と心が精神性やスタイルを感じた写真と、現地でしか手に入りにくいスーベニアなどを展示販売する。

 27日18~21時には入場自由のオープニングレセプションを開催。19時からは、鹿島社長と写真家の谷口京、トラベルカルチャー誌「トランジット(TRANSIT)」の林紗代香編集長の3人で、“アメリカと旅”をテーマにしたトークイベントを行う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら