ニュース

「フリークス ストア」が前期比20%増 汎用性の高いアイテム強化と別注品に支持

 デイトナ・インターナショナルが手掛ける「フリークス ストア(FREAK'S STORE)」の19年2月期は既存店ベースで前期比20%増と好調だった。好調の理由を正木恒明デイトナ・インターナショナル執行役員兼フリークスストア事業部事業部長は「客数が伸びた。セット購入率も上がり客単価が伸びたこともある」と話す。

 実は、昨年の春夏は苦戦したという。「テイストに偏りがあった。秋冬に向けて商品を絞り込みながあらテイストの幅を広げるMDに修正した。また、30~40ブランドとの別注品を仕掛けたことが奏功した。前年同月比40%増の月もあった」と言う。特にウィメンズが伸長した。「もともとメンズの売り上げが55%程度だが、今は逆転している。ウィメンズではオン・オフ両用の汎用性の高いワンピースや着回しが利くアイテムのバリエーションを増やした」。

 客数が伸びた要因は「当社が(18年4月大阪・心斎橋、10月大阪・西心斎橋に)ホテルをオープンしたことで、デイトナのコンテンツを楽しんでもらえるようになってきた。ホテルで知って店に来るお客さまもいて相乗効果が生まれている。細かくいろいろ仕掛けたことがここにきて結果に表れてきている」と話す。同社は、ホテル事業の「アースマンズ(EARTHMANS)」だけではなく、住宅をプロデュースする「フリークス ハウス(FREAK'S HOUSE)」、ギャラリースペースの「オープンスタジオ(OPEN STUDIO)」なども手掛けている。

 9年3月は前年同月比13%増、4月は同5%増、5月は同25%増で推移した。19-20年秋冬は、“ユニバーサリズム(UNIVERSALISM)”をテーマに、時代や地域、新しさと古さ、色や柄などをミックスしたスタイルを提案する。

 「フリークス ストア」の店舗数は現在39で、19-20年秋冬は5店舗を出店予定だ。