ファッション

フリークス ストアのホテル2号店が大阪アメ村にオープン

 フリークス ストア(FREAK'S STORE)を運営するデイトナ・インターナショナルは10月5日、宿泊施設2号店となる「アースマンズ アメ村(EARTHMANS -AMEMURA-)」を大阪・西心斎橋のアメリカ村にオープンする。1号店同様“THE MELTING POINTS(街に溶け込む)”をコンセプトに、地下1階から6階まで、内装の異なる20室を用意。ロフト式やテラス付きの部屋もある。1~5人で利用でき(5人の場合はベッドの追加が必要)、室料は1万8000円~。

 地下1階はオープンラウンジとしてラウンジやギャラリー、コワーキングスペース、シアタールームなどとして利用できる。旗艦店のフリークス ストア渋谷店に併設するギャラリースペース“オープンスタジオ(OPEN STUDIO)”同様のコミュニティ機能をそなえた。

 デイトナ・インターナショナルは4月に大阪の東心斎橋に1号店となるアースマンズホテル&コーヒー(EARTHMANS HOTEL & COFFEE)をオープンし、ホテル事業に参入した。大阪が民泊における国家戦略特区であることから鹿島研デイトナ・インターナショナル社長は、「ホテル事業を真剣に考えている」と語る。加えて、長野・白馬のスキー場に隣接するホテルも既に買収しており、今冬から運営していくという。

 なお、デイトナ・インターナショナルのビジネス戦略については「WWDジャパン」9月24日号に掲載している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら