ニュース

ニトリが小樽の高級旅館を取得 宿泊事業に参入

 家具小売り大手のニトリは北海道小樽市の高級旅館「銀鱗荘(ぎんりんそう)」の所有権を8月20日付で取得する。子会社のニトリパブリックが運営し、小樽エリアの振興を図る。

 小樽湾や小樽市中心街を一望する「銀鱗荘」は、北海道文化財百選に選ばれた小樽のシンボルだ。もともとは、明治時代初期に積丹半島の余市にニシン漁の大綱元の屋敷として建てられた漁場建築を代表するもので、1939年に小樽に移築したのを機に料亭旅館として創業した。86年以降、外観や調度品は極力原型を保ちながら大規模な改修を行い、最新設備を充実させた。同時に温泉のボーリングに成功し、露天岩風呂を新設。観光施設「平磯温泉」として再出発した。

 部屋数は本館・新館合わせて全18室で、和食懐石やフランス料理を提供する。料金は1泊夕朝食付き1名3万4710~12万9750円(消費税、入湯税150円込)。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら