ファッション

国際的家具の見本市「ミラノサローネ」が伊勢丹のウインドーをジャック

 世界最大規模の家具の見本市「ミラノサローネ国際家具見本市(MILANO SALONE以下、ミラノサローネ)」が9月18~30日、伊勢丹新宿本店(以下、伊勢丹)のウインドーをジャックする。伊勢丹では各フロアでイタリア展を開催しており、「ミラノサローネ」をその主役に据える。イタリア人デザイナーのフルッチョ・ラヴィアーニ(Ferruccio Laviani)がウインドーおよび5階のインスタレーションを手掛けた。

 9つのウインドーは「ミラノサローネ」のテーマカラーである赤一色に染められ、エントランスでは4本のミラー張りのトーテムが同見本市の歴史を紹介している。5階の会場にはミラーボールが吊り下げられ、大型スクリーンではイタリアデザインの歴史をフランコ・アルビーニ(Franco Albini)やアキレ・カスティリオーニ(Achille Castiglioni)、ジオ・ポンティ(Gio Ponti)をはじめとする11人の巨匠を通して紹介している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら