ファッション

国際的家具の見本市「ミラノサローネ」が伊勢丹のウインドーをジャック

 世界最大規模の家具の見本市「ミラノサローネ国際家具見本市(MILANO SALONE以下、ミラノサローネ)」が9月18~30日、伊勢丹新宿本店(以下、伊勢丹)のウインドーをジャックする。伊勢丹では各フロアでイタリア展を開催しており、「ミラノサローネ」をその主役に据える。イタリア人デザイナーのフルッチョ・ラヴィアーニ(Ferruccio Laviani)がウインドーおよび5階のインスタレーションを手掛けた。

 9つのウインドーは「ミラノサローネ」のテーマカラーである赤一色に染められ、エントランスでは4本のミラー張りのトーテムが同見本市の歴史を紹介している。5階の会場にはミラーボールが吊り下げられ、大型スクリーンではイタリアデザインの歴史をフランコ・アルビーニ(Franco Albini)やアキレ・カスティリオーニ(Achille Castiglioni)、ジオ・ポンティ(Gio Ponti)をはじめとする11人の巨匠を通して紹介している。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら