ファッション

「ワイスリー」が「ゴアテックス」を使用したパーカを発売 アップデートしたダウンジャケットも

 アディダス(ADIDAS)と山本耀司が協業して展開する「ワイスリー(Y-3)」は、防水透湿性素材「ゴアテックス(GORE-TEX)」を使用した“ゴアテックス フーデッド パデッド パーカ(GORE-TEX HOODED PADDED PARKA)”と、アップデートした“シームレス ダウン フーデッド ジャケット(SEAMLESS DOWN HOODED JACKET)”を発売する。パーカは9月下旬発売で、ダウンジャケットは発売中だ。両アイテムはメンズとウィメンズを用意し、「ワイスリー」直営店と公式オンラインストアなどで取り扱う。

 “シームレス ダウン フーデッド ジャケット”は、ウーブン(織物)素材を採用して縫い目を付けずに保温効果を高めたダウンジャケット。シームレス構造が、ウエアを軽量化してダウンの耐熱の漏れや移動を防ぎ、中綿が入っていない状態のコールドスポットをなくした。さらに、ファスナー付きのカードポケットをフロントに配し、「ワイスリー」のロゴを首の後ろに施した。価格は8万円。

 “ゴアテックス フーデッド パデッド パーカ”は、「ゴアテックス」を採用して軽量化と通気性を図り、裏地にはPTFE(ポリテトラフルオロエチレン)素材を採用したパーカ。「ワイスリー」と「ゴアテックス」のロゴをバックに施し、内側に収納ポケットを配して、袖の内側はリブ付きカフスで調節可能だ。価格は10万5000円。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら