ニュース

「ワイスリー」の新スニーカー 独特なカッティングとボリュームのあるソールが特徴

 「ワイスリー(Y-3)」は8月3日、2018-19年秋冬コレクションで披露された新スニーカー“カイワ(KAIWA)”を発売する。価格は5万円で、「ワイスリー」直営店とオンラインストア、ファッションECモール「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」の他、一部店舗で販売する。

 モデル名の“カイワ”は会話に由来し、「アディダス(ADIDAS)」と山本耀司のストリートカルチャーや科学技術などに関する対話を象徴している。アディダスのアーカイブを元にしながらも幾何学によって快適さを実現するという、同ブランドが目指した1990年代の理念を再構築した。

 アッパーは特徴的なカッティングの艶のある黒レザー、ヒールには同色のスエード素材を使用。また、EVA製の立体的なミッドソールと分厚いラバー製のアウトソールにはそれぞれトーンの違う白を使用し、ボリューム感だけでなく、黒と白が基調の色合いに変化を加えた。また、ソックスのように足全体を包むようなフィット感で履き心地をさらに高めた。タンとヒールには“Y-3”のロゴを、ミッドソールには“YOHJI YAMAMOTO”のロゴを施している。